〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-37-17 メディク関東ビル2階

脂質異常症

血管

脂質異常症とは、血液中の脂質が基準値からはずれた状態をいう生活習慣病です。以前は高脂血症と呼ばれていましたが、中には善玉HDLコレステロールのみが高い場合も含まれることから近年はこう呼ばれるようになりました。

脂質異常症も他の生活習慣病と同様にそれだけでは特に自覚症状が現れません。定期健康診断の結果を見て、LDLコレステロールなどの数値の異常を指摘されて気づくということがほとんどです。

しかし何の症状も現れないことから放置を続けることで静かに動脈硬化を引き起こし全身の血管が狭くなって血液が通りにくくなります。さらに進むと狭心症や心筋梗塞、脳梗塞といった生命を脅かす重篤な合併症を引き起こしてしまうことも少なくありません。

脂質異常症の原因

家族性でもともとコレステロールが高い方もいらっしゃいますが、一般的に脂質異常症の原因は、生活習慣、特に食生活が大きく影響しています。 高いカロリーの食事は血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を増加させ、過酸化脂質を増加させます。

そこで脂質異常症は、生活習慣全般を見直すことが予防につながります。 少しずつ脂質異常症の原因となる生活習慣を見直していくことが大切です。

脂質異常症の治療

脂質異常症の治療は血液中の脂質の値を低下させるだけではなく、動脈硬化の進行を防ぐことが目的です。 まずは食事療法・運動療法を組み合わせて行い、それでも脂質異常が改善しない場合は内服薬での治療が必要となります。

また基礎疾患や年齢によって人それぞれの管理目標値を設定して治療していくことが必要ですので、健康診断で脂質異常症を指摘されたり、以前から言われているが放置している方は是非お気軽にご相談ください。